スリランカのトイレ事情

コロンボでは、レストランやカフェにも清潔なトイレが増えています。女性でもかつてのように旅行者を装って高級ホテルに行く必要はなくなりました。

Toilet

 

人が集まる場所にトイレはある

デパートオデール (ODEL) や、ショッピングセンターにはもちろん利用可能なトイレがあります。施設によりますが、マジェスティックシティー (Majestic City) などでは20ルピー程度のチップを要求されます。

急ぎの場合は小さなスーパーでも使わせてくれます。ただしトイレに入るための扉の鍵を借りなければいけない場合があるので、まずはスタッフに尋ねてみてください。

また銀行もたいてい大丈夫ですが、来客専用ではなくてスタッフと兼用の場合が多いです。

高速道路のサービスエリアにももちろんトイレはあります。ここでも20ルピーのチップが必要ですが、特別きれいなわけでもありません。特に女性の場合は目的地のホテルまで我慢するかどうかを考えてしまいます。

 

水浸しのトイレ

大抵のトイレにはペーパーもありますが、局部洗浄用のハンドシャワーを使うのが一般的であり、公衆トイレの便座は濡れていることが多いです。

最初はびっくりしますが、汚れているわけではないのでペーパーで拭いて座れば大丈夫です。

 

ペーパーはくず入れに

トイレによっては水圧が低かったり、タンクが不調だったりでちゃんと流れないこともあります。

そういう時は使ったペーパーは便器に流さず、便器のそばにあるくず入れに捨てます。日本人にはちょっと抵抗ありますね。全てがそうというわけではないので、まずは状況を観察してどちらに捨てるか判断するしかありません。

 

和式風トイレ

きわめてローカルな場所へいくと、和式に似たトイレがあります。

和式トイレの経験がある世代にはそれほど抵抗はないと思われます。むしろ濡れた便座を拭く必要もなく、肌に直接触れることもないのでいい面もあります。

そういうところでは、ひもを引っ張って頭上にあるタンクの水を流す方式が多いです。ただしなぜかたいていは壊れています

通常は、バケツと蛇口がトイレ横にあるので、それを利用して流すことになります。そもそもこのバケツは、使用後の局部水洗いのためで、かつては錆びたミルク缶が置かれていることも多かったです。

 

出入国管理局のトイレ

出入国管理局がバッタラムッラに移転してからは、トイレも以前よりはきれいになりました。

しかし一般来客用は一階にしかなく、上の階で用事をしている時でもわざわざ降りてこなければなりません。しかも、1階トイレは利用頻度が高いので、水洗のつまりや、床がいつも濡れている、というような問題があります。

各階にあるのはスタッフとVIP用ということになっていますが、スタッフの目を盗んでさりげなく使う人もいます。(自己責任でお願いします。)

出入国管理局から、徒歩で行けるところにマクドナルドがあるので、どうしてもという場合はそこを利用させてもらうのも手です。

 

以上、スリランカのトイレ事情でした。