スリランカルピーの為替と預金金利

スリランカからは基本的に持ち出しができないスリランカルピー。

スリランカで働いたり、投資したりして貯めたスリランカルピーはすぐに円に両替して持ち帰るのがいいのか、それともじっくりスリランカで殖やすのがいいのか?

関連記事: 日本から送金するなら”SIA”口座がお勧め

 

スリランカルピーの為替トレンド

過去20年間のスリランカルピー対日本円のトレンドは下のようになっています。

出典: https://jp.investing.com/

 

2011年から2012年ごろにルピーが思い切り下げた時期がありますが、これは輸出増加をねらって政府がルピー安を容認していた時期です。

その時期を除けばルピーは少しづつコンスタントに下げ続けるトレンドです。

”塵も積もれば山となる”で、直近の10年間を累積で見てみるとルピーは対円で25%強も下がっていることになります。

そう考えるとルピーを保有し続けるのは損なのか?!

 

銀行金利、複利の効果は絶大

現在のスリランカの銀行の定期預金の金利は12か月で10.5%です。

関連記事: 日本の何千倍?もお得なスリランカの定期預金口座

 

仮に100万ルピーを10年間預金するとして、今の金利が10年間続くと仮定すると10年後の元利合計はどうなるでしょう?

答えは、なんと270万ルピー

複利の効果は絶大です!

 

為替による目減りは?

ただし、10年保有後のルピーの価値の下落分を考えておく必要があります。

※もちろん、為替なので逆に上がって得する可能性もあります

過去のトレンドに照らすと、上に書いたように10年間でルピーは(対円で)25%価値が下がっています。

つまり10年後の270万ルピーは、今の200万ルピーぐらいの価値と想定できる。

それでも200万ルピー!

元金は100万ルピーなので、10年間預けるだけでなんと2倍になるのです。

 

今がチャンス!

為替リスク、金利リスク、銀行の倒産リスク、紛争リスクなどなど、考えるべきことはあります。

為替や金利は置いといても、その他ひとまとめにしたいわゆる海外リスクについては、実際に暮らしてみると肌感覚でわかります。

 

やっぱりこの国にはチャンスが転がっていそうです。。。

 

※本記事は投資を薦めるものではありません。資産運用はご自分の責任において行ってください。